« 桜島 | トップページ | がんばれ、はるき!! 5 »

カジノ・ロワイヤル

正直、気持ちは沈んだままなのだが…(追い討ちをかけるように巨人は負けるし)。

先日、007最新作『カジノ・ロワイヤル』をDVDで鑑賞した。

主演は『ミュンヘン』のダニエル・クレイグ

こいつ、いいよ!

金髪・碧眼・スポーツ刈り(笑)。

今までにないタイプの新ボンドだ。

物語はジェームズ・ボンドが作戦を成功させ、”00”を襲名するところから始まる。

「たしか、”これは、ジェームズ・ボンドが007になる前の話”とかあったと思うが、”なったばかりのお話”じゃねぇ?」と、ひとりツッコミ。

結構、ニヒルで容赦なく、イタリアのジゴロのようなそぶりを全く見せない『ダニエル・ボンド』は新鮮。

最初は「どっちかって言えば、敵キャラの顔じゃん」と思っていたが、アクションはキレがあっていいし演技も上手いので、『ピアース・ボンド』好きの俺も結構気に入った!

たしかに近年のボンド作品は、アクションに偏りすぎて「スパイって相手にバレないように任務遂行するのがベストなのでは?」と思うものになってはいたんだよね。

…ん!?

「なんで最新のモバイル機器(ソニーピクチャー作品らしく、分かりやすくvaioやソニーエリクソンのケータイばかり)を使ってる?」 ひとりツッコミ・その2

「”M”がジュディ・デンチなんだ?たしか以前、交代したときは”M”は役職みたいなもの、と説明があったが」 ひとりツッコミ・その3

後でいろいろ見てみたら、時間軸が全く違うとの事(キツイなぁ(^_^;))

ボンド君の設定も1968年生まれになったらしい。

おいおい…。

オイラの1こ上かいな(笑)

そういえば、何気にCIAのフィリックスも黒人俳優・ジェフリー・ライトだったし(←『シャフト』で強いんだかショボいんだかわかんない、マフィアのドンを演じてた)、全く新しい007の物語って事だそうな♪

では、次回作では過去を踏襲して、甘~い言葉を女性に投げかけるボンドになるのか?と思ったが、話自体が続編との事。

多分、多少はあるだろうが、キャラも基本的には本作のままなんだろうね。

過去の作品のファンを裏切って欲しくないような、欲しくないような…。

二代目Qとのカラミも、オイラ的には観たいんだよな。

でも、そういった意味でも、ラストシーンは必見!!

思わず、ニヤリです。

とにかく、オススメ!(^^)!

007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション (初回生産限定版)(2枚組) DVD 007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション (初回生産限定版)(2枚組)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 桜島 | トップページ | がんばれ、はるき!! 5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カジノ・ロワイヤル:

« 桜島 | トップページ | がんばれ、はるき!! 5 »