« 野球 日本VS韓国 | トップページ | 年賀状 »

エターナル・サンシャイン

突然ですが

もし、貴方の彼氏(彼女)が貴方に関する記憶を消してしまったら…

どうしますか?



本当に久しぶりな(もちろん俺にとって、ね)ジム・キャリー主演の

『エターナル・サンシャイン』を観た。

今やハリウッドで最も注目される脚本家の一人であるチャーリー・カウフマンが脚本・製作総指揮、共演も『タイタニック』ケイト・ウィンスレット『スパイダーマン』のヒロイン、ハリウッドの青江三奈ことキルスティン・ダンスト『ロード・オブ・ザ・リング』イライジャ・ウッドと超豪華!

特にケイトとキルスティンの演技は素晴らしかった☆

至って普通の男、ジョエル(ジム・キャリー)は朝の出勤途中にいきなり会社をサボろうと決意、列車に乗って向かった先で彼は不思議な、でも魅力的な女性に出逢う。

っと…。

時間軸が『メメント』みたいに映画の進行とともに時間をさかのぼったり、戻ったりするので説明しづらい(^_^;)

ある日、ジョエルは喧嘩したまま会ってなかった彼女、クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)に謝り、仲直りをしようと職場を訪ねるのだが初対面の人のような扱いを受け、あろうことか若い彼氏と目の前でイチャつかれてショックを受ける。

そして、それが”記憶除去手術”で彼女が自らの意思で自分との思い出を消し去ったからだと知り、さらにガーン!

そして、自らも彼女との記憶を消し去ろうと手術を受けることにしたのだが…。

”記憶除去手術”なんて荒唐無稽な話だが、誰でも一度や二度あると思う。

「嫌な思い出を消し去りたい!!」

自分というのは唯一無二な存在。

当然、連れ添うパートナーと意見も違うことも多いだろうし、それが原因で喧嘩したり最悪、別れてしまったりする。

仮に、お互いの記憶を完全に消しあった二人が再度、出逢ったとして…。

二人の見えない赤い糸、っていうか絆を感じる反面、やっぱりそれぞれの不満な点に気づき、最終的には別れちゃうんじゃ?

観てすぐは正直、そう思った。

でも、も一回観てみて、

大事なのは、お互いを認めて許しあうことなんじゃない?

って考えるようになったね。

なにも、男女の関係に言及することじゃない。

まぁ、それがなかなかできないから悩み苦しむんだけど…(苦笑)

すげ~なぁ、カウフマン

いい映画です。


エターナル・サンシャイン プレミアム・エディション(2枚組) DVD エターナル・サンシャイン プレミアム・エディション(2枚組)

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 野球 日本VS韓国 | トップページ | 年賀状 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エターナル・サンシャイン:

« 野球 日本VS韓国 | トップページ | 年賀状 »