« しゃっくり | トップページ | 歯がゆい »

若き薩摩の群像

午後に西駅、じゃなかった鹿児島中央駅の近くに行ったついでに気になってたものを見に駅へ寄った。

2008022515350000




『若き薩摩の群像』












学生の頃に建立されたはずだが、一度もしっかりと脇にある説明文まで読んだ事がなかった(*_*)


建立は昭和57年3月…ちゅ、中学校に入る年に建てられてたんだ(^_^;)

鹿児島市の人口が50万になった記念に様々な功績を残した薩摩藩英国留学生をモチーフにしたモニュメントを作ったそうな。

モデルになった”留学生”とは、いわゆる【生麦事件】に端を発して起きた薩英戦争で鎖国の限界やヨーロッパ文化の偉大さを知った薩摩藩が、1865年に幕府に内緒でイギリスに派遣した新納久修以下留学生と外交使節団の事をいう。

NHK大河ドラマ『篤姫』で篤姫を養女に迎えた島津斉彬の次の藩主、忠義の時代。

ちなみに、そのときの実権は忠義の父で大河でも描写されてたが、一旦は家督争いのけじめとして兄・斉彬の下を去った久光だそう。

この留学生達、ホントすごい功績を残していて、新納と五代友厚(大阪商工会議所の初代会頭)は紡績機械を購入して鹿児島の磯に日本初の紡績所、鹿児島紡績所を建設。

そのときの機械の設置や技術指導のために来日したイギリス人技師達の宿舎となったのが、やはり磯にある【異人館】

そのほかにも初代文部大臣になった森有礼やアメリカに渡ってぶどう園を経営、ワインなどで「ぶどう王」と呼ばれた永沢鼎(渡航の時はナント、最年少の13歳!)、サッポロビールの創始者・村橋久成、東京開成学校(今の東京大学)長になった畠山義成など、みんな産業・文化・教育・政治などで近代日本の礎を築いた偉人といっていい。

だが…。

総勢19人の留学生と使節団なのだが、モニュメントには17人しかいない。

土佐藩を脱藩し薩摩藩に亡命した高見弥一と通訳として同行した長崎の堀孝之

彼らの銅像がない。

なぜか?

薩摩藩出身でないから。

ズバリ、言ってもいいかしら。


くだらねぇー!!

器が小せぇよ鹿児島市!

ワールドシリーズで活躍もしなかった伊良部だって、チャンピオンリングをもらっただろうに(笑)

モニュメントを制作した中村晋也先生も去年、文化勲章を受章されたんだから、これを機にお願いして二人の銅像を作ってもらいなさい!!

募金はもちろん、今までほっといてた市のお偉いさん達の給料を何%か充てたら?

追加建立は署名運動にもなってるらしく、詳しいことは下記まで。

俺も集めてみようかな?

http://www2.tky.3web.ne.jp/~kirino/

余談だけど、観光にやってきた人みたく写真を撮って説明文をじっくり読んでたら駅の”30分無料”の駐車場を8分オーバーし、200円払う羽目に…。

オー マイ ガー (ToT)/~~~

|

« しゃっくり | トップページ | 歯がゆい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若き薩摩の群像:

« しゃっくり | トップページ | 歯がゆい »