« うちでも♪ | トップページ | ホントに最強!? »

最高の人生の見つけ方

映画館で観過ごした上に、周りからの評判もいいので借りてみた。

『最高の人生の見つけ方』

主演はアカデミー受賞俳優のジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。

長年、自動車整備工として働いていて、妻や子供を養い、今では孫たちにも囲まれて暮らすカーター(モーガン・フリーマン)。

そして、仕事に人生を捧げたかのように没頭し続けてきた男、エドワード。

巨万の富を手に入れた代償に妻”達”は離れ、一人娘ともあることがきっかけで絶縁状態。

そんな二人が入院先の病室で出会った。

検査の結果、なんと二人とも余命6ヶ月と知る。

同じ病室にいるうちに心を通わせていった二人は、カーターが書いていた”バケツリスト=やっておきたいリスト”をエドワードの金で全てやってしまおう!とばかりに色々書き加え、病室を飛び出してしまう。

スカイダイビングにカーレースをやったり、世界の様々な名所などを飛び回り次々とチェック項目をクリアしていく二人だったが、本当は何が一番したかったを考えるようになる…。

どう見ても合成だろ!?という画(御年71歳の二人だから当たり前だけど)や、「やっぱり金がなきゃ無理か…。」というツッコミは聞こえてきそう。

たしかに、ね(笑)

個人的にも、以前ここで紹介した同じような題材を扱った作品『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』の方が好き。

ただ、高齢の、しかもかたや仕事に、かたや家族のために人生を送ってきた二人が、無茶してもやりたいことをやるのに、これくらい金を使うのもアリかな?と。

ラストあたりでは、その【本当にやりたいこと=やらなきゃならないこと】を見つけた二人の”その後”が泣かせる

ps.ちなみに…原題の『The Bucket List』=バケツリストとは、絞首刑の執行のときに看守が足元のバケツを蹴る”Kick the bucket”ことからきているらしい。

 さすがに、そのまま邦題には使えんわな…(^_^;)

最高の人生の見つけ方 DVD 最高の人生の見つけ方

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« うちでも♪ | トップページ | ホントに最強!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
姶良での親睦会、楽しかったです〜ありがとうございました。久しぶりに次郎ramos節・笑い声を聞いて嬉しかったです。今度、《最高の人生の見つけ方》について〜ゆっくり飲みたいですねボクは、“最後の〇〇”見たかったけど…見逃してしまいました。《よいしょ》ボク、気に入っています。豚汁も大好きです(笑) サッカー中央高校〜勝ったらいいのにね国立に行って欲しいです。陰ながら応援しています。

投稿: オグリ | 2008年11月 1日 (土) 12時25分

オグリさん、こちらこそ楽しかったです!

いいですね〜。

是非、映画を語りながらの男酒、やりましょう♪

投稿: 次郎ramos | 2008年11月 1日 (土) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高の人生の見つけ方:

« うちでも♪ | トップページ | ホントに最強!? »