« 徳永食堂 | トップページ | ニューマシン »

こんな男になりたい

こんな男になりたい
『ちょいワル』を目指す俺としては、ある意味バイブル的な本。

読み終わった今でも、しばしば読み返す本だ。

魅力ある男達のこだわりのライフスタイルが記してある。

その中でも一番惹かれるのが、白洲(”しらす”だよ(笑))次郎。

戦後、GHQのマッカーサーに面と向かって”主張”した、唯一の人物。

その後、吉田茂首相の右腕となりサンフランシスコ平和条約の締結にも尽力し、奄美と沖縄の返還にも大きく貢献。

自動車やゴルフを愛し、Tシャツにジーンズのラフなスタイルから英国で磨かれたスーツの着こなしなど、洗練されたファッションは今で言う所の『ちょいワルオヤジ』でもある。

ちなみに、俺の名前【次郎ramos】の『次郎』は、この白洲次郎からいただいた。

そのほかにもウィンザー公やチャーチル、ジョン・F・ケネディ、池波正太郎、ハンフリー・ボガート(優作さん曰く”たこ焼き屋のオヤジ”に見えなくもないが(笑))、ケイリー・グラント、そしてマルチェロ・マストロヤンニまで、”いい男”をアイテムやこだわったものなどと共に取り上げている。

いつか、こんな風になれたらいいなぁ~

|

« 徳永食堂 | トップページ | ニューマシン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ちょいワルとは…
【雑誌『LEON』が提唱した不良がかった中年男性(おやじ)のファッション。あるいは、それを範とする中年男性】


【ちょっと悪そうなイメージのナイスミドルなおっさんのこと】


…な、なるほど(^_^;)


悪そうなイメージ…不良がかった………


えーと、、【憂いを帯びた瞳の持ち主】…でしたっけ(≧∇≦)♪


その本、女性の私もちょっと見てみたいです♪


【次郎】の由来も…そうだったんですね(゜∇゜)

投稿: ま~しゃん | 2009年1月24日 (土) 13時44分

もうとっくに、いい男じゃないですかぁ~σ(^◇^;)。。。

投稿: どりーむ・ますみ | 2009年1月24日 (土) 16時18分

◇ま~しゃん
 思いっきり苦笑が伝わってくるんですけどーー。
 自称『憂いを帯びた瞳の持ち主』ですからねぇ。(笑)

◇ますみさん
 あ、ありがとうございます!
 まだまだ”なんちゃって”ですから

投稿: 次郎ramos | 2009年1月24日 (土) 17時54分

「はくしゅうじゃないんだけど~(;_;)」
と、ラジオの向こうのさちさんにツッコミ入れてたろうなぁ~と思いつつ(^_^;)

奥様の正子さんもステキな方ですよね。

投稿: 杏仁 | 2009年1月26日 (月) 01時06分

杏仁師範、まさにその通りでした(笑)
でも、読み仮名をつけてあげる優しさにかけてたな、とも反省しております
正子さん、なんたって薩摩の血が流れていますからね~☆

投稿: 次郎ramos | 2009年1月26日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな男になりたい:

« 徳永食堂 | トップページ | ニューマシン »