« 庶民のミカタ | トップページ | 柳右衛門 2 »

カウント・ベイシー

カウント・ベイシー
読んでいる本の影響をモロに受け、JAZZにまたハマっている俺。

その本に幾度も登場するJAZZプレイヤー、『カウント・ベイシー』

”なんちゃってJAZZ好き”だから、そんなに多くを聴いている訳ではない。

当然(?)、カウント・ベイシーも聴いた事なかった。

そんなベイシー、気になっていると知人に話してたら、なんと!プレゼントしてくれたのだ!!

ありがトゥ~!(by刈谷勇)

いわゆるビッグバンドによるスタンダードJAZZ。

基本的に俺が好きなJAZZってのは、ベースが”ズンズン”ってきてドラムが控えめに”シャカシャカ”、そこにピアノが”ポロン”か”タタタ…”、サックスが哀愁漂わせて”フォフォフォ…”。

う~ん、説明しづらい(笑)

解かりやすくいえば【ルパンJAZZ】でおなじみ『大野雄二バンド』みたいな少人数なやつが好きってことかな。

でも、これ、いいよ!!

ペットが、サックスがそれぞれソロパートでカッコよく鳴り響き、ベイシーのピアノがさらっと奏でたかと思えば、時折力強く鍵盤を叩き始める。

ビッグバンドならではの華やかな音色が、思わず体を”スウィング”させるんだよね♪

ライナーノーツによると、このCD『April in Paris』は、バンドの歴史においては後期の代表アルバムで、前期のビッグバンド【オールドベイシー】に対して【ニューベイシー】と称されるらしい。

このアルバムにも新進気鋭のプレイヤーがバンドに参加していて、若き日のクインシー・ジョーンズもトランペットとアレンジで名を連ねている。

余談だけど、ジブリ映画でおなじみの作曲家・久石譲さんの名前は、このクインシー・ジョーンズからきているそうな。

そしてアルバムの最後の曲『Dinner With Friend』、どこかで聴いた事があるような?と思っていたら、【人志松本のすべらない話】で流れている曲だった(笑)

ps.ちなみにカウント・ベイシーの”カウント”とは【伯爵】の意味らしい。

  自身でつけたらしいが、その他にも有名なJAZZプレイヤーにはデューク【公爵】・エリントンとかも芸名(?)に用いている。

|

« 庶民のミカタ | トップページ | 柳右衛門 2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

じゃず…f^_^;
未知の世界です~


【カウント・ベイシー】

映画のタイトルかと思ったら…お名前なんですね~(>_<)☆


次郎ramosさん音楽の趣味も幅広いですねf^_^;


演歌や民謡にも?

投稿: ま~しゃん | 2009年1月30日 (金) 12時54分

JAZZやBluesは、聴き出すとハマりますよ♪
幅が広いっていうか浅いんです、何事においても…僕は(´ρ`)
さすがに、演歌や民謡にはあまり興味がありません(笑)
あっ!
石原裕次郎なら結構知ってますね

投稿: 次郎ramos | 2009年1月30日 (金) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カウント・ベイシー:

« 庶民のミカタ | トップページ | 柳右衛門 2 »