« よかばんなーず 2 | トップページ | オム 4 よいしょ »

おくりびと

おくりびと

ある方から幸運にもチケットをいただき、観に行く事ができた。

『おくりびと』

監督:滝田洋二郎

主演:本木雅弘

あまり一般には知られていなかった『納棺師』を扱ったお話。

幼い頃から親の勧めでチェロを学んできた大悟(本木雅弘)。

やっとの思いで長年の夢だったプロのチェリストとしてオーケストラに入団するも、そのオーケストラが突然、解散してしまう。

自分の実力を認識した大悟は夢を諦め妻の美香(広末涼子)と、亡き母が残してくれた家のある故郷の山形県でやり直すことに決め、求人広告の中から

【旅のお手伝い】というコピーに惹かれた上、条件もいい求人を見つけて早速、面接に行くのだが…。

【死】という、誰もが経験しなければならない題材だけに重~いのかと思えば、そこはさすが『病院へ行こう』や『陰陽師』の滝田監督。

しょっぱなからウィットに富んだ演出で楽しませてくれる。

遺体に最期の化粧を施すという行為は以前の仕事での取材などで偶然、目にしていたし、外国映画『死にゆく者への祈り』で出てくるから、外国でも行われているのだと思うが、一連の厳かな儀式を執り行う【納棺師】という職業があることを、俺はこの作品で初めて知った。

出演陣の演技も素晴らしい。

主演の本木雅弘は、その端正なマスクだからこそ笑えるコミカルな演技もいいし、もちろんピンと背筋の伸びた綺麗な身のこなしや納棺の儀での所作は素晴らしい!

脇を固める山﨑努、余貴美子、笹野高史、吉行和子も、さすがの一言。

こりゃ、アカデミーの外国語映画賞をはじめ、今年度の国内の映画賞をほぼ総ナメするはずだわ。

惜しむべくは、妻・美香役の広末涼子。

独特の甘ったるい喋り方は、この作品に限っては何故か”耳についた”し、ちょっと幼く見えて、本木雅弘との夫婦役には少し違和感を覚えた。

彼女の見せる表情などは素晴らしかっただけに…ちょっとね

それと、もうひとつ。

映画賞などを受賞すると、フィルムの最初などに【○○映画祭グランプリ受賞!】とかプリントしたフィルムを本編のフィルムに差し込む。

もちろん本作品にもそうしてあったのだが、俺の観すごしかもしれないが、最初にも最後にも、父親役で出演し最初の公開時に亡くなった峰岸徹さんへの哀悼の意のコメントがなかったのが残念だった…。

いまや名バイプレーヤーとなった笹野さん演じる平田が、ラスト近くで話す『門』の件は心に深く刻まれた。

まだの方は、ぜひ劇場で





ps.この作品の原作である『納棺夫日記』の作者、青木新門氏は最初は本木達の熱意に映画化を許可したものの、出来上がったシノプシスや脚本で舞台が富山から山形に変更されている事や結末が違う事から、ずっと映画化を拒否していたそう。

「全く別の作品としてなら」ということで最後には了承したみたいだが…。

滝田監督は富山出身。

おそらく、ロケーションや撮影協力の問題などで山形にせざるをえなかったんだろうなぁ。

それにしても、読んで感銘を受けたという本木雅弘がこの『納棺夫日記』に出会ったのは29歳の時。

タダ者じゃございませんな。

|

« よかばんなーず 2 | トップページ | オム 4 よいしょ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

モックンって、色々出演されてますが…上手いんですか(^_^;)?


シブガキ隊のイメージから、なんとなく敬遠…


というより、映画やドラマ観ないので無知なんですよね(^_^;)


私が知ってる役者のモックンは、【伊右衛門はん(お茶のCM)】ぐらいです~f^_^;


無知にも程があるf^_^;?

投稿: ま~しゃん | 2009年3月11日 (水) 13時00分

モッくん。
そうですね、やっぱり日本アカデミー主演男優賞を受賞するだけあって見事でしたよ!
もし機会があったら是非、観てください。

投稿: 次郎ramos | 2009年3月11日 (水) 19時43分

モッくんと周防監督とのコンビが好きです。(*^。^*)
アイドル出身でも出演作品は選んでるな~とは思いましたが、こんなにも化けちゃうとは凄いですよね。

雪をいだいた山形の山脈も素晴らしかったです!

「お葬式」の頃より増してるんじゃないかと思った山崎さんの色気もお忘れなく(^_^;)

投稿: 杏仁 | 2009年3月11日 (水) 23時02分

山形の四季も美しかったですね☆

それにしても。
山﨑さんのちょっと怪しげな色気を挙げられるとは、さすが師範です!

投稿: 次郎ramos | 2009年3月12日 (木) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« よかばんなーず 2 | トップページ | オム 4 よいしょ »