« すでに真夏日? | トップページ | 藤多香 -ふじたか- »

告白

告白

『厚生労働省・全国中高生乳製品促進運動』のモデル校に指定されたS中学校では、三学期の終業式の日にも牛乳が出されていた。

下校前のホームルーム。

とあるクラスでは、担任の女性教師が今期限りで退職することを告げ、その発端となったある出来事について語り始める。

それは、彼女がシングルマザーであることなどから職員会議のある水曜日だけ、やむなく放課後に学校へ連れて来ていた幼い娘・愛美がプールで死体となって発見された事。

警察のその後の調べにより、”事故”と断定されたのだが…。

彼女は自分の生徒達に言う。

− 愛美は事故で死んだのではありません。

   このクラスの生徒に殺されたのです。 −

この『告白』は、第29回小説推理新人賞を受賞、そして全国の書店に勤める人達が選ぶ2008年度の【本屋大賞】にも選ばれた。

作者の湊かなえは、これがデビュー作。

とても新人とは思えない文章、そして物語の展開。

すごい作家が現れたもんだ。

感想は…。

重い。ただただ、重い。

Amazonとかの読者レビューは結構辛辣で、本屋大賞を受賞したことに対しても「この本を誰かに”読んで欲しい”と思うなんて!」というのもある。

物語に出てくる、ある病気に対する認識の甘さを否定する声も…。

たしかに、読んだあとの爽快感はおろか、ひたすら滅入る作品ではある。

でも。

人間は?

善とは?悪とは?

倫理観って?

きれい事じゃ片付けられない人間の本音。

自分なら?

…でも、気持ちをそのまま行動に移すのって…

いやいや…。

などなど、いろいろ考えさせられる。

読んでみて、とは言えないけれど、読んでみる価値はある作品だと思う。

この作者の、違うテーマでの作品にも期待したい。

告白 Book 告白

著者:湊 かなえ
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« すでに真夏日? | トップページ | 藤多香 -ふじたか- »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 告白:

« すでに真夏日? | トップページ | 藤多香 -ふじたか- »