« フレンズリスナー会 | トップページ | ニューカマー(訂正稿) »

チェンジリング

チェンジリング

これまた観過ごしていた作品を鑑賞。

『チェンジリング』

監督:クリント・イーストウッド

主演:アンジェリーナ・ジョリー

1928年のL.A。

電話交換の主任を務めるシングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、何にも代えられない宝物、一人息子のウォルターがいた。

ある日、その大事な息子が突然、行方不明になる。

クリスティンが警察に通報するが、警察は「忙しくて子供を捜している暇などない。どうせ、どこかで遊んでいるんですよ。」などと、とんでもない返事。

ようやく腰を上げて捜し始めたのは24時間後だった。

ウォルターがいなくなってから5ヵ月後。

警察から見つかったとの知らせを受け、駅に向かったクリスティンの前に現れたのは、ウォルターと名乗る、まったくの別人だった…。

ちなみに原題の【Changeling】とは、妖精によって自分の子供が醜い子供にすり返られるという、ヨーロッパの民話『Changeling−取替え子−』に由来する。

この話は実話で、【ゴードン・ノースコット事件】の被害者家族の話が元になっており、後半は当時の腐敗しきったロサンゼルス市警を糾弾している。

息子探しを担当し、クリスティンと対立する憎たらしいジョーンズ警部も、もちろん実在した人物。

演じるは、『Burn Notice』の主人公マイケルこと、ジェフリー・ドノヴァン

大好きなヒーローを演じる俳優が悪役やってると正直、いやーな気分になるんだよね

また、デイヴィス警察本部長にはコルム・フィオール。

お~、『24』シーズンⅦで女性大統領の旦那、ファースト・ジェントルマン(って言うんだね)をやってる方じゃないの!

イジメる人ばっかではない。

そこは、イーストウッド作品。

クリスティンを助ける牧師に、怪優ジョン・マルコビッチ

最初、わかんなかった

その他、いろんな人物がクリスティンを支え、大きな流れを生んでいく。

最後にジ~ンと心に染みる名作です。

ps.やっぱりアンジー、痩せすぎだよ

  タトゥーマニアで有名なアンジーだが、この作品では一個も見えない。

  CGか新庄ばりのエアースプレーとかの特殊メイクで消したんだろうけどさ…。

  最初から彫ってなきゃ、大金かけずに済むんだよーーー

チェンジリング [DVD] DVD チェンジリング [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2009/07/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« フレンズリスナー会 | トップページ | ニューカマー(訂正稿) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング:

« フレンズリスナー会 | トップページ | ニューカマー(訂正稿) »