« お土産 | トップページ | さらば夏…。 »

感染列島

新型インフルエンザが猛威を振るいつつある中、いろいろ考えさせられる作品だった。

『感染列島』

主演:妻夫木聡檀れい

救命救急医の松岡剛(妻夫木聡)が勤務する病院に急患の男性が運び込まれた。

ウィルスに感染している様子のその男性は1日前に松岡が診察し、インフルエンザの検査は陰性だった。

間もなく、その男性は死亡。

それに端を発して、院内では次々に感染患者が増え、外部からも同様の急患が運び込まれる。

ウィルスは新型インフルエンザなのか、全く別のものなのか?

緊急事態を重くみた国は対策本部を設置。

そしてWHOからはメディカルオフィサーとして、日本人の小林栄子(檀れい)が病院に派遣されてくる。

栄子はそこでこれから起こるであろう、恐ろしい事態を予測した…。

【PANDEMIC-パンデミック-】

この映画では”感染爆発”と当てているが、正確にはウィルスなどが感染症・伝染病が世界中に流行すること。

映画ではわずかの間に日本列島に感染し、その結果、電気・水道・ガスなどのライフライン、そして都市機能が麻痺し完全に停止する様が描かれている。

「ちょっと!そこもマスクなどで防護しなきゃ感染の危険性はない!?」

とツッコミたくなる箇所も多々あるんだけれど、感染の恐怖やそうなったときの人間の心理なども恐ろしく、実に考えさせられた。

Photo


やっぱ、綺麗だよね~。





最後に、檀れい演じる栄子が好きでよく言っていたという言葉が心を打った。

『たとえ明日、地球が滅びるとも

  君は今日、りんごの木を植える』

ps.余談だけど、今年4月からANAとJALの一部国際線で『感染列島』は機内上映されていたんだけど、現実の新型インフルエンザのこともあり、ANAでは5月いっぱいで上映を中止したそう。

感染列島 スタンダード・エディション [DVD] DVD 感染列島 スタンダード・エディション [DVD]

販売元:東宝
発売日:2009/07/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« お土産 | トップページ | さらば夏…。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これは観たいと思ってるんですが…今観ると怖くなりますかね(^_^;)?


檀れいって今何歳くらいなんですか?
金麦の初めの頃のCMを観た時、


『この子可愛い~


て思ってました(^w^)
自分よりかなり年下だと思っていたのですが…


妻夫木聡も好きです
キレイな顔してますよね~
( ̄∀ ̄)

投稿: ま~しゃん | 2009年9月 8日 (火) 12時58分

◇ま~しゃん
 檀れいさんは、意外とお姉さんで1971年生まれの38歳です。
 ちなみに、うちの親父と同じ8月4日
 これはただの偶然とは思いません(笑)
 決してヅカファンではないのですが、紺野まひるさんと檀れいさんは好きですね~
 映画は、せつなくなると同時に予防の意識は高まると思うので、そういう意味ではオススメです

投稿: 次郎ramos | 2009年9月 9日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感染列島:

« お土産 | トップページ | さらば夏…。 »