« 今日のクロスケ 9 | トップページ | エビバデ!ポッキー!! »

限りなく漆黒に近いブルー

思い込みというのは怖いものである。

たった数回の調理もどきと、このブログへコメントを下さった方のお褒めの言葉を額面通りに受けとって、自分の料理の腕が上がったと勘違いしていた。

先日、佐知嬢がご自身のブログにて紹介していた『アボカドディップ』

アボカドが大好きなので、「よし、やってみよう♪」と軽い気持ちでチャレンジしてみた。

のだが…。

限りなく漆黒に近いブルー

『プチ・ルポ』のバケットを買い、主役のアボカドにムキエビ、アボカドが変色しやすいということなのでレモン、ついでにブルスケッタも作ろうと、最近やたらに高いトマトまで購入。

なのに…。

まず、トマトを湯剥き。

初めてだったので、ちょっと感動!

氷水で冷まして、さぁ角切りと思ったら…。

切れねぇ。

俺、こんなに包丁が使えないんだと改めて実感。

今まではブツ切りみたいなのしかやったことなかったもんなぁ。

ここでもうすでに青色が差し込んでいた。

見栄えの悪いブルスケッタ用トマトを完成させたのち、アボカドに包丁を入れ種を取ろうとしたそのとき…。

「あれっ?」

か、硬くね?

飲み屋やレストランで食べたアボカドとは明らかに違う

スプーンで取り出し、スプーンの背で軽く潰す…せねぇ

皮が黒かったし、握った感触は軟らかかったんだけど、まだ熟していなかった。

「はぁ~

途中でやめるわけにもいかず、ヤング・アボカド君をミキサーにかけてマヨネーズや醤油、わさびなどを入れてみるも、青臭さの残るヤング・アボカド君の若さには勝てなかった。

すっかりダークブルーにそまった俺の心。

ムキエビをボイルすることすら忘れて混ぜてしまった。

まぁ、生でも食えるんだけどさ。

限りなく漆黒に近いブルー

一応、完成。

味?

聞かないでくれ。

|

« 今日のクロスケ 9 | トップページ | エビバデ!ポッキー!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 限りなく漆黒に近いブルー:

« 今日のクロスケ 9 | トップページ | エビバデ!ポッキー!! »