« 何度目? | トップページ | アキソラ »

ザ・バンク 墜ちた巨像

劇場で観ることのできなかった作品。

『ザ・バンク 墜ちた巨像』

インターポールの捜査官、サリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、国際的なメガバンクIBBCの不正を数年に渡って追い続けていた。

そしてついに有力な証人を得た、と相棒のニューヨーク検事局のエレノアから連絡があるも、目の前で殺されてしまう。

さらには、告発をするはずだった証人も、事故に見せかけられて殺された。

インターポールもニューヨーク検事局も、どこかからの圧力があるのかイマイチ弱腰の中、サリンジャーは仲間を殺されてさらに気合が入る検事・エラ(ナオミ・ワッツ)らと共に捜査を続けるのだが…。

監督は、ここでも以前に紹介した『パフューム ある人殺しの物語』トム・ティクヴァ

主演は『トゥモロー・ワールド』、『インサイド・マン』のクライヴ・オーウェン、そして『ザ・リング』のナオミ・ワッツ。

まずは、邦題がいけない。

原題が『THE INTERNATIONAL』だから、悩みに悩んでのことだろうけれど、なんか他になかったかなぁ?と思ってしまう。

まぁ、国や軍需産業、果てはマフィアなども顧客にもつ国際的なメガバンクの実情はこうじゃねぇの?的な推察はできる内容ではあるんだけどね。

序盤は割と地味めに展開していくが、サリンジャー達が”ある容疑者”を歩いて尾行していく演出などは、結構スリリング

音楽も担当しているトム・ティクヴァ監督、スゴイです

後半、ニューヨークのグッゲンハイム美術館で繰り広げられる銃撃戦は圧巻

セットを組んだらしいがカメラワークといい、テンポといい、一見の価値アリ

数年後に、きっと同じようなアングルで撮影された映画が出てくるんじゃないかな?

そしてラストは、ちょっとせつないものを感じる…。

なかなか骨太な一本。

ザ・バンク 堕ちた巨像 コレクターズ・エディション [DVD] DVD ザ・バンク 堕ちた巨像 コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 何度目? | トップページ | アキソラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・バンク 墜ちた巨像:

« 何度目? | トップページ | アキソラ »