« 完璧なるシチュエーション | トップページ | デカっ!!でも… »

2012

それは、はるか昔に予言されていた

DVDで鑑賞

『2012』

監督は『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』など、【ディザスタームービー(災害などのパニック映画)は任せなさい!的なローランド・エメリッヒ

主演は『セレンディピティ』などでもお馴染み、俺の好きな俳優のジョン・キューザック

タイトルの『2012』は。メキシコの古代マヤ文明で使われていた【長期暦】という暦が2012年の12月にひと区切りし、終わることからくる、いわゆる”2012年人類滅亡説”からきている。

この作品の他にも、『アルマゲドン』『パール・ハーバー』『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ監督作品の『2012 The War For Souls』、そしてデンゼル・ワシントンが主演の『ザ・ウォーカー』など、これから公開予定で同じテーマの作品はあるようだ。

2009年、インドの地質学者が地球のコア(内核)が溶解しているのを発見、このままでは数年後に起こる地殻変動で地球上の生物は滅亡してしまうことを知る。

それを知った彼の友人でアメリカ合衆国の科学顧問をしているエイドリアン・ヘルムズリー

博士(キウェテル・イジョフォー)は、大統領首席補佐官のアンハイザー(オリバー・プラット)を通じてウィルソン大統領(ダニー・グローバー)に報告した。

事態を重く見たウィルソン大統領は、イギリスやロシア、日本、中国などの先進国の首脳に連絡。

【チョーミン計画】という秘密裏の計画を実行していた。

そして、2012年。

売れないSF作家で、生活のためにロシアの富豪のリムジン運転手もしているジャクソン(ジョン・キューザック)は、別れた妻が再婚して引き取った息子と娘をイエローストーンへキャンプに連れ出したのだが、国立公園は閉鎖され、美しい湖はなくなっていた。

おまけに軍隊が駐留していて、ただならぬ雰囲気。

ジャクソンは、キャンプ場で出会ったチャーリーという男(ウッディ・ハレルソン)から

「地球は間もなく破滅する。これはマヤの時代からわかっていたことなんだ!」

という話を聞く。

おかしな奴、と思っていたジャクソンだったが、自宅のあるハリウッド、そして世界各地で異常な事態は起こり始めていた…。

ジャクソンの元妻のケイトにはアマンダ・ピート

『隣のヒットマン』のせいか、悪女のイメージが強かったアマンダだが、子供思いの母親を熱演している。

そして大統領の娘、ローラにはタンディ・ニュートン

『M:I-Ⅱ』『幸せのちから』などでの演技が印象的な、好きな女優さん。

これから観る人に悪いから、あまり書けないけれど…。

これぞディザスター・ムービー!

これぞエメリッヒ作品!

というすごいVFX(視覚効果)で観る者を圧倒する。

こうなったら、まず助からんだろ

というシーンの連続

温暖化や異常気象などが懸念されている今、全くありえない話でもないので、ついつい引き込まれてしまうし、2時間30分もの長時間が気にならないほど

地球の、宇宙に比べたら人類なんて、全くの無力に近い存在だと思い知らされる。

そんな中でも家族のため、愛する者のために必死に行動する登場人物達の姿に感動させらる作品だ。

2012  スタンダード版 [DVD] DVD 2012 スタンダード版 [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 完璧なるシチュエーション | トップページ | デカっ!!でも… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012:

« 完璧なるシチュエーション | トップページ | デカっ!!でも… »