« さらばタクヤ | トップページ | 昨日 »

『いごっそう』と『はちきん』

昨日の『龍馬伝』も面白かったねぇ~。

まさに”怪物”な山内容堂。

本によると、酒好きな容堂は自らを【鯨海酔侯】と名乗ったそうだけれど、柳ジョージの名曲『酔って侯』の歌詞は、ここからきてるんだと納得。

さて、龍馬をはじめとする土佐の男を表す言葉といえば『いごっそう』

いごっそうとはちきん

その特徴は

●頑固

●涙もろい

●おおらか

●議論好き

●酒好き

薩摩なら『ぼっけもん』みたいなものか。

対して、土佐の女性を表す言葉は『はちきん』

いごっそうとはちきん

大河で、寺島しのぶ演じる龍馬の姉・坂本乙女は、まさに『はちきん』だったと言われている。

語源は【男4人分】

…わかるよね?

その特徴は

●元気

●男勝り

●気が強い

●働き者

●性格さっぱり

ということらしい。

う~ん。

今は、土佐に限らず『はちきん』な女性が多いご時世のようで(笑)

|

« さらばタクヤ | トップページ | 昨日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『いごっそう』と『はちきん』:

« さらばタクヤ | トップページ | 昨日 »