« 5月5日 | トップページ | ピザーラの焼きそば? »

待ってたカーラ

約1ヶ月前にその存在を知り、ソッコー【Amazon】で注文したCD。

待ってたカーラ

カーラ・マシュー『Make You Feel My Love』

昨日、やぁぁっと届いた♪

70~80年代のポップスのナンバーを中心にジャズアレンジしたもの。
「おっ、これ聴いた事ある」って曲ばかりで…。

待ってたカーラ

エルトン・ジョンやビリー・ジョエルはよくあるけれど、エアロスミスの『What It Takes』の大胆なアレンジにはビックリ
カッコいいんだよね、これがまた

どれも秀逸

俺は特にタイトルチューンの『Make You Feel My Love』(ボブ・ディラン)、『Sorry Seems To Be Hardest Word』(エルトン・ジョン)、そしてラストのジョニ・ミッチェルの名曲『Both Sides Now』が良かったなぁ。

カナダやジャズの世界では有名なミュージシャンがバックを固めているから、当たり前っちゃあ当たり前だけど、完成度が高いよ、これ

デビューアルバムがこれだけだから、次回作も楽しみになってくる

カナダではオリンピックの開会式で国歌を歌った16歳の美少女、ニッキ・ヤノフスキーやソフィー・ミルマンもいるが…。

俺はカーラ・マシュー

イチ押し






メイク・ユー・フィール・マイ・ラブ Music メイク・ユー・フィール・マイ・ラブ

アーティスト:カーラ・マシュー
販売元:BSMF RECORDS
発売日:2010/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 5月5日 | トップページ | ピザーラの焼きそば? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待ってたカーラ:

« 5月5日 | トップページ | ピザーラの焼きそば? »