« ここにも食べラー | トップページ | トイレの神様 »

インビクタス - 負けざる者たち-

なんか巨匠の道をまっしぐらって感じだね

クリント・イーストウッド監督作品

『インビクタス -負けざる者たち-』

実話を基にした作品。

1994年。
27年もの長きに渡り投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が、南アフリカの大統領に就任した。

政府の職員やSPにいたるまで、初の黒人大統領による仕返しのような人事が行われるのでは?と怯え、対するマンデラ側の黒人スタッフもアパルトヘイト政策の下、自分達を苦しめてきた白人達と一緒に仕事など!と思っていた。

マンデラは彼らに

『国が変わろうとしている時に、自分達も変わらねばならない。憎しみからは何も生まれない。』

と諭し、黒人も白人も一緒に仕事をすることになる。

南アフリカでは翌年の1995年、ラグビーのワールドカップが開催されるのだったが、代表チームである『スプリング・ボクス』は開催国枠で出場するものの、世界から見れば弱小チームであった。

加えて代表選手に黒人は1人しかいない上に、チームカラーのグリーンとゴールドはアパルトヘイト政策を実行していた旧政権のカラーだったため、国の代表にもかかわらず、国民の大多数を占める黒人は応援しない有様。

国をひとつにまとめるために、そして、国民の一人一人が”誇り”をもつためには【ボカ(スプリング・ボクスの愛称)】の強化と、選手や国民の意識改革が必要と考えたマンデラ大統領はチームの主将、フランソア・ピナール(マット・デイモン)を招くのだった…。

前回、ここでも紹介した『インフォーマント!』とはもちろん、『ボーン・アイデンティティ』のシャープな筋肉質のジェイソンとも全く違う、”これぞラガーマン”というマットの姿がそこにあった。

役者魂だねぇ〜

本当に、どこから見てもラガーマン!

迫力あるラグビーの試合のシーンはすごい!

結構、ガチなタックルなどもあり、臨場感はさすが

ふとクレジットを見るとイーストウッド監督の息子、スコット・イーストウッドがキッカーのジョエル・ストランスキ役をやっていた

『グラン・トリノ』にも出てたんだなぁ

27年もの間投獄されていたマンデラが、敵だった白人を恨むことなく国をひとつにまとめていく姿には心を打たれる。

実際に投獄されていた場所をピナール以下、代表チームのメンバーが訪れるシーンがあるのだけど、「こんなとこに!?」と誰しも思う場所。

だからこそ、全てを赦し、国のために尽くすマンデラにみんながついていったんだと思う。

苦しい環境の中、マンデラを支えていたという詩

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
どんな神であれ感謝する
我が負けざる魂に…

特に最後の言葉が重い。

『私は我が運命の支配者、私が魂の指揮官』

サッカーのワールドカップも終わり、移民と先住民との争いがいまだに残る南アフリカの国民にも、いまだからこそ!

ぜひ観て、マンデラの意思やかつての国民の気持ちをもう一度思い出して欲しい




インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産) DVD インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ここにも食べラー | トップページ | トイレの神様 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インビクタス - 負けざる者たち-:

« ここにも食べラー | トップページ | トイレの神様 »