« 美丘 -君がいた日々- | トップページ | ここにも食べラー »

すっごい男がいたもんだ

♪すっごい男がいたもんだ~

と、オグリさんの十八番ではないけれど(笑)

最近また、どっぷりハマっているJAZZ、フュージョン系の音楽。

特にサックスの魅力を再認識してる。

昔、オカンがサム・テイラーが好きでよく聴いていたせいか、小さい頃からJAZZの中でも特に気になる楽器だった。

俺は器楽クラブなどに入ったときも真っ先にやってみたが”トゥトゥトゥ”という、あの管楽器を吹くための口の動作が上手くできなかったので、すぐ挫折したけど

キャンダルことキャンディ・ダルファーや、マイケル・ブレッカーなど、サックス奏者は憧れるなぁ~

そんな中、ネットで調べてると一人のサックス奏者にぶつかった。

それが

ローランド・カーク

むかーし、その名前を聞いたことはたしかにあった。

でも、”奇想天外のサックスプレーヤー”みたいな、あまりいい感じで紹介されてなかったので、こう見えても昔は王道、正統派、正確に言えば無難な路線ばかりを何でも選んできた俺は、あっさり”スルー”していたんだ。

Photo

【ローランド・カーク】

1936-1977

アメリカの盲目のジャズ・ミュージシャン。

写真の通り、いっぺんにサックスやイングリッシュホルン、フルートなどまで首に下げ、一度に口に咥えて演奏してしまう

つまりは、片手で一つの楽器を演奏してしまうって事

そのために彼は、自ら楽器を改造したというから、これまたスゴイ

このいでたち、この演奏法だったから、当時の日本の批評家達の目から見れば、時に”奇妙な”とか”グロテスク”と映ったんだろうね

でもその技術は天才的で、いまやジャンルを超えて若いミュージシャンに信奉されているらしい

有名なところでは、映画『オースティン・パワーズ』でも使用されたクインシー・ジョーンズの名曲『Soul Bossa Nova』でのフルート。

あれをローランドが演奏している!

何はともあれ、すっごいテクニックをとくとご覧あれ

ローランド・カーク『Pedal Up』





ヴォランティアード・スレイヴリー Music ヴォランティアード・スレイヴリー

アーティスト:ローランド・カーク
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 美丘 -君がいた日々- | トップページ | ここにも食べラー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ローランド・カーク凄いですね。
素晴らしい方だと思います。

サックスの音色は、心地よいですよね。
私が思うに…次郎ramosさんは、リード楽器向きの唇と性格ではなく、トランペットなどの管楽器向きだと思いますヮ。


トランペットに挑戦してみては?

投稿: | 2010年7月29日 (木) 12時31分

◇?さん
 ローランド・カーク、聴いてもらえましたか
 ということは、おニューのやってきました?
 僕の唇、ペット向きですかねぇ~?
 それより。
 リード楽器向きの性格じゃないって???
 それ考えてると眠れなくなっちゃう(by三球・照代)

投稿: 次郎ramos | 2010年7月30日 (金) 08時50分

アイタタごめんなさい名前打ち忘れうっかり八兵衛でしたゎ。(^^;


ブラス顧問してた時に、判ったことなんだけど…楽器ごとに、結構性格が表れてて面白いのよ。

気になる?トランペットは、優しい子達でしたよ。安心して眠って下さい。
あと、何となくの形で…たぶん、管楽器のマウスピース向きかな…と。

投稿: イルゼ | 2010年7月30日 (金) 10時38分

トランペット=優しい子


……………????


次郎兄さんはカスタネットかタンバリンで行きましょう

投稿: 出来のいい妹 | 2010年7月30日 (金) 11時29分

◇イルゼさん
 優しい?
 うんうん、納得(笑)
 マイルスみたいに吹けますかね~
 唇見られてたってのは、かなり照れます

◇出来のいい妹
 一瞬、うちの妹が入ってきたかと思ったじゃないか
 出たな!マーシュラン
 間違っても僕とイルゼ姉さんは、あなたと兄弟でも親戚でもない!!(笑)
 一緒って考える時点でおかしいんだよなぁ
 それと。 
 僕、ベースだったらなんとか弾けますから

投稿: 次郎ramos | 2010年7月31日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっごい男がいたもんだ:

« 美丘 -君がいた日々- | トップページ | ここにも食べラー »