« 文壇デビュー?( 笑) | トップページ | 元気です、凡我塔 »

さらば龍馬!!

とうとう最終回だったね…。

大河ドラマ『龍馬伝』

全48話、ましゃファンのみならず1年間、多くの人を釘付けにしてきたね

大河ドラマ『風林火山』で信玄を熱演した市川亀治郎が、まさか今井信郎(のぶお)を演じるとはなぁ〜。

ちなみに市川亀治郎さん、本職である歌舞伎の若手では、女形のトップだそうな。

そして、岩崎弥太郎役の香川照之とは従兄弟の関係。

慶応三年11月15日(1867年12月10日)。

京都・近江屋にて、龍馬が各藩の重役に送った【新政府綱領八策】の”○○○”の真意を確かめにきていた中岡慎太郎(上川達也)と共に…。

現在では京都見廻組による犯行との見方が強いが、職務の一環でやむなく斬ったと言えばよいはずなのに、逃走している点が謎。

ここに薩摩藩の西郷や大久保、長州藩の木戸、はたまたグラバーがその名を連ねていたと言われる【フリーメーソン】の姿が見え隠れする、歴史のミステリーのひとつになってる理由があるわけだ。

果たして黒幕はいたのか?

今となっては闇の中だけど、生存者(もしかしたら目撃も)である峰吉らに真実を語ってて欲しかったなぁ。

さて、最終回を観終えて。

香川照之、上川達也ら、今や名優と呼んでもおかしくない二人の演技はもちろん素晴らしい♪

しかし、龍馬を演じる福山雅治も、彼らとのシーンで一歩もひけを取らなかった!

どちらも、なかなかの名シーンだったと思う

(ちなみに、瀕死の状態で助け出された中岡慎太郎が伝えたとされる龍馬の

「ワシは脳をやられた、もういかん!」

というセリフはなかった。)

ただ…。

残念でならないのは”龍馬暗殺”の直前の、弥太郎が近江屋へ向かって走っているシーン。

さらば龍馬!!

雨の中、弥太郎が滑って転ぶんだけど、しっかり黒のサポーターが

以前と変わってなければ、あれはアシックスのサポーターだな

一発撮りなのはわかるけんども…

どういて撮り直さなかったがか、NHK

せめて、CGで消すくらいはできたんでないろぅか?

そして、龍馬の最期のカット。

なんで、スローモーションでカクカクカクッ…とパーンしたんだろ?

レールで撮ってるはずなのに…尺の問題?

いや、ゆっくり見せた方がいい、と編集でスローにしたから、ぎこちない画になったんだ!

なんて裏側の話をしても仕方ないか

とにもかくにも、終わってしまった…。

ちっくとしばらくは空虚な気持ちが続くかもしれんぜよ。

そして、うるさい奴には

「ほたえな!」

と言ってしまうかもしれない(笑)

|

« 文壇デビュー?( 笑) | トップページ | 元気です、凡我塔 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば龍馬!!:

« 文壇デビュー?( 笑) | トップページ | 元気です、凡我塔 »