« ALONE and ALONE | トップページ | 供の者です。 »

クレイジー・ハート

なんか切ない話だったなぁ~。

『クレイジー・ハート』

ベテランのカントリー歌手のバッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)は、かつての栄光だけを頼りに自ら運転する車で何kmも移動し、ボウリング場や酒場へ”ドサ回り”をする毎日。

【伝説のシンガーソングライター】と言われた彼も57歳。

年老い、落ちぶれた自分にも嫌気がさしているのか、酒に溺れ自堕落の毎日を送っていた。

ドサ回りの途中、コロラドの街にやって来たバッドに地元紙から取材の依頼が来る。

訪ねてきたのはジーン(マギー・ジレンホール)という、33歳のシングルマザーの記者だった。

親子ほどの年の差がある二人だったが、ジーンは何より大切にしている息子のバディ(ジャック・ネイション)とも打ち解けるバッドに心を許していく。

一方のバッドも彼女に惹かれ、真っ暗だった自分の人生に光が差し込めてきたかのように感じていた。

すると、仕事も舞い込んできた。

それは、かつての弟子で今やスター歌手になった男のコンサートへの出演依頼だった。

プライドが邪魔するバッドだったが、「今を逃すと後悔する」というマネージャーの意見を聞き入れ、ツアーに前座として参加することに。

ツアーの最中、ジーンは息子を連れてバッドの家を訪ねるのだが…。

長らく”無冠の帝王”、”最も過小評価されている俳優”と言われてきたジェフだったが、本作で見事!

アカデミー主演男優賞を受賞

本当に、枯れた男の悲哀に満ちた、でも前を向く誇りを持った男を見事に演じている

『マイレージ、マイライフ』ジョージ・クルーニーを応援していたが、今回は文句なしにジェフに軍配が上がるね

ジェフといえば『ビッグ・リボウスキ』での名演も印象的だったが、俺が観た映画の中では

クレイジー・ハート

『白い嵐』での勇敢で強い船長のイメージが強い。

クレイジー・ハート

御年61歳。

15年前の作品だから当たり前なんだけど…年取ったなぁ。

いや、いい年の重ね方をしてるんだよね、きっと

かつての弟子、トミー・スウィート役でこの人も登場。

コリン・ファレル

二人ともメチャ味のある歌声を披露していた

年を重ねた者でしか、傷を負った者でしか語れないこと、歌えない歌がある…。

とにかく、素晴らしい作品なので是非

クレイジー・ハート [DVD] DVD クレイジー・ハート [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2010/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ALONE and ALONE | トップページ | 供の者です。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレイジー・ハート:

« ALONE and ALONE | トップページ | 供の者です。 »