« あったかいね | トップページ | 旬菜Dining 紅葉 »

孤狼 -刑事・鳴沢了-

孤狼  -刑事・鳴沢了-

シリーズ4作目を読了。

堂場瞬一『孤狼 −刑事・鳴沢了−』

二人の似たような刑事がいなくなった。

一人は借りていたアパートで自殺し、

一人は家族にも仲間にも告げず失踪した。

青山署で刑事課に”戻った”鳴沢 了は、窃盗の常習犯の『ノビさん』こと新藤則昭の事情聴取を採っているところに突然、本庁の沢登理事官という人物から呼び出しがかかる。

同じように呼び出された今(こん)刑事と鳴沢は、二人の刑事がいなくなった事が告げられ、

行方不明になった刑事、戸田を探すように命令を受ける。

極秘裏に動いて欲しい、と特命で。

二人以外、警察の”仲間”にも協力が得られない、あまりに情報が少なすぎる中での捜査が始まった…。

基本的には一匹狼の鳴沢了に、2作目の『熱欲』以来、2人目の【相棒】が登場する。

今(こん)敬一郎

お寺の住職を継ぐ事が決まっているという、ちょっと風変わりな人物。

255ポンド(115kg)の巨漢、柔和な笑顔は、『北斗の拳』”山のフドウ”をイメージしてしまう。

雲を掴むような捜査を進めていくうちに立ちはだかる様々な障害。

不可解な”同僚”の行動。

謎の組織による捜査の妨害。

そして身近な、大切な人間にまで及ぶ脅迫めいた行動。

警察を辞めて私立探偵になった、かつて愛した女性で相棒だった小野寺冴、前作で共にK社による悪徳商法事件を追った横山浩輔、そして新潟県警時代に世話になった先輩刑事、『カンエイさん』こと新谷寛英も登場し、続けて読んでいる読者には嬉しい限り。

なかなか真相が見えない中、ラスト付近でなんとなく、そして最後にはっきりとした時、

すっかりこの作品の虜になっている俺がいた。

さて、次作を探しに行かねば

孤狼―刑事・鳴沢了 (中公文庫) Book 孤狼―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

著者:堂場 瞬一
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« あったかいね | トップページ | 旬菜Dining 紅葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤狼 -刑事・鳴沢了-:

« あったかいね | トップページ | 旬菜Dining 紅葉 »