« Wの悲劇?( 笑) | トップページ | フォークの日 »

帰郷 -刑事・鳴沢了-

帰郷  -刑事・鳴沢了-

シリーズ5作目。

堂場瞬一『帰郷 -刑事・鳴沢了-』

”捜一の鬼”と呼ばれた父、宗治の葬儀の為に新潟に戻ってきた鳴沢了。

父の死に様は見事といってもいいほど、綺麗なものであった。

主がいなくなった家には家電製品や服といった類いのものはほとんどなく、大きなものといえば先に逝った祖父の仏壇くらい。

その他には父の愛用の万年筆、日記、そして何故か父が了の名義で登録した新車のレガシィがあるくらいだった。

祖父に続いて父がいなくなり、もはや誰も住まなくなった実家の整理をしている了を20代後半の男が訪ねてきた。

「鳴沢さんの息子さん?話があるんですよ。15年前の殺人事件について。」

男の名は鷹取正明。

15年前、自宅で殺害された大学の助教授、鷹取洋通の息子であった。

正確には15年と1日前。

奇しくも了の父の葬儀の日に時効を迎えてしまったその事件は、彼が解決できなかった唯一の事件でもあった…。

長く確執の続いていた父との関係が、前作『孤狼』でほんの少しだけ”雪解け”していた。

そんな父の担当した事件の、たったひとつの未解決事件の真相究明に乗り出す鳴沢了。

時効を迎えた事件であるのに加え、そもそも警視庁(東京都を管轄する警察)の刑事である彼には何の権限もない。

15年も前の事件の記憶を鮮明に覚えている人は少なくなっているし当然、新潟県警とも揉めるハメになる。

それでも了を捜査へと駆り立てるのは、父が解決できなかった事件を解決したい(=父の鼻を明かしたい&父に認めてもらいたい)、父の無念を晴らしたいという思い、そして刑事としての自分のアイデンティティからだった。

かつてのホームグラウンドだった新潟。

けれど暗い、辛い事が重なり、避けていた新潟。

そこを舞台にかつての同僚、そして同級生も登場する中、鳴沢了が事件に挑む!

結末は全く読めない。

面白いよ

帰郷―刑事・鳴沢了 (中公文庫) Book 帰郷―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

著者:堂場 瞬一
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Wの悲劇?( 笑) | トップページ | フォークの日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰郷 -刑事・鳴沢了-:

« Wの悲劇?( 笑) | トップページ | フォークの日 »