« ビヨーンY(>_<、)Y | トップページ | はつもの »

相剋 -警視庁失踪課・高城賢吾-

相剋  -警視庁失踪課・高城賢吾-

高城賢吾シリーズ第2弾

堂場瞬一『相剋 -警視庁失踪課・高城賢吾-』

杉並で通り魔事件が発生し、目撃情報を寄せて来た堀と名乗る男が行方不明になった。

探すように依頼してきたのは、なんと警視庁の捜査一課の管理官。

筋違いな話ではあったが、室長の阿比留は法月と明神に捜査を命じる。

憤りを隠せない高城。

そんな中の、春休み中の男子中学生が友人の女子中学生を探してくれと失踪課にやってきた。

思春期の少女、しかも春休み。

事件性を疑う阿比留だったが、何か引っかかる高城は家族や同級生から話を聞きに行くことに。

証言が食い違う上、自分の子供がいなくなったのに、あまりに気にしない”素振り”の父親。

不審に思った高城は、部下の醍醐と共に非公式に捜査を始めるのだった…。

2つの違う事件が意外な接点で結ばれていく所も面白いがシリーズ2作目として、徐々に失踪課の刑事達のそれぞれが描かれていく所が面白い。

クライマックスの場面は夢中になって一気に読んでしまった

相剋―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫) Book 相剋―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

著者:堂場 瞬一
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ビヨーンY(>_<、)Y | トップページ | はつもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相剋 -警視庁失踪課・高城賢吾-:

« ビヨーンY(>_<、)Y | トップページ | はつもの »