« Midnight Blue Train | トップページ | ファイト・クラブ »

あ”かんの”ぅ~(T_T)

2011年、運命のプロ野球ドラフト会議

注目は、かつて【高校BIG3】と言われた中田翔、佐藤由規(登録名・由規)、唐川侑己らと同じ世代、1989年生まれの【大学BIG3】である藤岡貴裕、菅野智之、野村祐輔だった。

あかんのー(T_T)

我が巨人軍は当然、菅野智之を一巡目で選択。

原監督の甥で相思相愛

マスコミはどれも巨人の単独指名と報じていたが…

なんと、日ハムが強行指名

2球団による抽選の結果…

菅野の交渉権は日ハムに

あかんのー(T_T)

巨人は代わりに英明高校の松本竜也投手を指名。

彼も193cmの長身から投げ下ろす姿から”和製ランディ・ジョンソン”と呼ばれる期待の左腕。

松本君には大いに期待するが…。

ハァ、あ”かんの”ぅ

ドラフト制度にのっとってるし、そんだけの逸材と認めての強行指名なのはわかるよ。

でもさ。

あんだけ相思相愛で、まず他球団に行かないと予想される菅野を指名するかね~。

オマケに、一度も大学や実家に挨拶に行ってないらしいし。

”どんだけ上から目線やねん!”

とか書いてるアンチがいるが、一位指名とかになればどの球団でも普通は挨拶に行く。

それこそ、”ドラフトの当たり前”

ましてや難攻不落の城を落とすのに、一度も偵察(挨拶)に行かないなんてありえないでしょ。

これだけの施設があって、

これだけ選手を育てるノウハウや実績があります。

ですからぜひ、うちの球団に!

ってな具合にね。

確かにダルがあそこまでなったのは素質はもちろんのこと、育て上げる環境が整ってるからだろう。

そこを誠意を持ってアピールしたら、つーか、してたら、親もじいちゃんも学校も、もちろん本人も少しは心開いたかも

”プロ野球株式会社に就職して、東京勤務を希望したけど北海道支店に決まったと思え”

とか書いてるバカがいたけど、そりゃ違うだろ。

でも、好きなとこに就職できない彼らって、ちょっと可哀想だよね。

それが球界全体の力の均衡のためだから、仕方がないと言えば仕方ないが。

菅野君には自分の行きたい道を選ぶ権利がある。

個人的には早くその勇姿が見たいので、じいちゃんの人脈を使って1年アメリカ留学→来年のドラフトで晴れてジャイアンツに入団してほしい

背番号18で

今のところ、何のルール違反でもないんだから、

そんときは…

ゴチャゴチャ言うんじゃねーぞ、マスコミとアンチのバカタレ共

ちなみに、菅野は『すがの』です(笑)

|

« Midnight Blue Train | トップページ | ファイト・クラブ »

プロ野球・巨人」カテゴリの記事

コメント

いや~、さすがにアンチ巨人の私も今回の
日ハムには「ちょっとね・・・」って感じです。
まあ、ナベツネさんが違法と言うのはどうかと
思いますが、ちょっと原監督には同情しますなあ~。

菅野君を指名するのも日ハムの権利だったのかも
しれませんが、それを拒否するのも権利です。
1年待って巨人に入るのもいいですね。

カープは樟南高校の戸田君を3位指名。
こちらも頑張って欲しいものです。

投稿: でめ太朗 | 2011年10月28日 (金) 23時20分

◇でめ太朗さん
 かなりのリスクを背負って指名したのは嬉しんですけど、これで日ハムに行かなかったら…。
 ハムも巨人も、モチロン菅野も、誰も幸せにならないんですよね~
 2年を費やして巨人に入ったとして、すでに叔父さんいなかったら夢の半分は叶わないことになるし
 来年、ハムに入ったほうが菅野自身のポテンシャルが上がるのか、200勝には届かないかもしれないけれどジャイアンツのユニフォームを着て活躍できるのか…。
 難しいとこですね

投稿: 次郎ramos | 2011年10月31日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あ”かんの”ぅ~(T_T):

« Midnight Blue Train | トップページ | ファイト・クラブ »