« 男の極旨黒カレー | トップページ | エターナル・サンシャイン »

漂泊  -警視庁失踪課・高城賢吾-

漂泊 -警視庁失踪課高城賢吾-<br />
 ーー

堂場瞬一 『漂泊 -警視庁失踪課・高城賢吾-』

仕事が片付いた失踪課の高城と醍醐、明神の3人が、ささやかな祝杯をあげて帰路につこうとしていたその時、轟音と共に真っ赤な炎があがり、爆風で明神が吹き飛ばされた!

鎮火したビルの、火元と思われるスナックからは身元不明の二人の遺体が発見され、どちらにも殺人の痕跡が。

傷ついた相棒のため、高城は捜査に協力し被害者の身元を洗うことに。

調べを進めるうちに、一人は捜索願が出ている人気作家ではないかと判明するのだが…。

シリーズの第4弾。

ストーリー的には、なんとなく”読める”展開なのだが、”何故”というのがラスト付近までわからず、なかなか面白い♪

【鳴沢了シリーズ】を読んだ俺やファンにはたまらない場面がチラッと、ほんのチラッと出てくるのだが今後、リンクしてくる事はあるのだろうか?

ますます楽しみになってきたシリーズだ

漂泊―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫) Book 漂泊―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

著者:堂場 瞬一
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 男の極旨黒カレー | トップページ | エターナル・サンシャイン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漂泊  -警視庁失踪課・高城賢吾-:

« 男の極旨黒カレー | トップページ | エターナル・サンシャイン »