« あっぱれ清武さん!! | トップページ | 重っ!! »

メカニック

Photo

ジェイソン・ステイサム主演

『メカニック』

その仕事の正確無比な所から”メカニック”と称される殺しのプロ、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。

唯一心を許せるのは、仕事のパートナーのハリー(ドナルド・サザーランド)のみ。

いつもはハリーを通して依頼してくるはずの(トニー・ゴールドウィン)が直接連絡してきた。

ターゲットは、なんとハリー

組織を裏切ったとして、暗殺命令が下ったのだ。

大切な友人、そして恩人でもあるハリーを手にかけたくない!と苦悩するアーサー。

しかし、組織の他の誰かが必ず殺すのなら、いっそ自分の手で

そう決心したアーサーは、いつものように完璧なる計画と用意でハリーをおびき寄せ、実行するのだった。

数日後、アーサーはハリーの息子・スティーヴ(ベン・フォスター)と再会した。

父に反抗していたスティーヴだったが、その死を深く悲しみ、復讐を胸に荒れていた。

アーサーはそんな彼を、自らの”罪”の償いとするかのように、弟子として”メカニック”としてのノウハウを叩き込むのだったが…。

”男くさーい男”を演じたら今、右に出る者がいないんじゃないかな?って思えるジェイソン・ステイサム。

『トランスポーター』シリーズの運び屋・フランクがそのまま殺し屋になったような主人公だが、更に寡黙な男を演じている。

しっかり仕事をこなすとこや、身の回りの綺麗さ、映画全体では息を飲むアクションシーンやカーチェイス、劇中に使われている音楽までホント、『トランスポーター』っぽいし

リュック・ベンソン印

って言ってもいいくらい(笑)

あえて似たようなテイストに仕上げた監督、ただ者ではない


ジェイソンはもちろんだが、相棒を務めるベンも、ほとんどのアクションを自分でこなしていてスゴい!
これが、あの『Xメン』で羽根の生えた坊やか?と思うほど。

終盤の圧巻のカーアクション、そして意外なラストは見応え十分だ

この作品、実はリメイクもの。

オリジナルの主演は、元祖・男くさーい男

”う〜ん、マンダ〜ム”でおなじみの

2

チャールズ・ブロンソン

設定はかなり違うようだけど、こちらも観てみたい

|

« あっぱれ清武さん!! | トップページ | 重っ!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メカニック:

« あっぱれ清武さん!! | トップページ | 重っ!! »