« これもA型(^ _^;) | トップページ | 意外に♪ »

127時間

警告

心臓が弱い人は気を付けて観るように

『127時間』

主演は『スパイダーマン』シリーズで一躍有名になったジェームズ・フランコ

Jamesfranco

この通りのイケメンで、その容貌からジェームズ・ディーンの一生を描いたテレビドラマ『DEAN-ディーン-』では主演も演じた。

さて本作はというと…。

アーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は仕事を終えた金曜の夜、キャニオニング(渓谷などを探検したりアウトドアをすること)をするためにキャニオンランズ国立公園へ向かった。

車を途中で停め、そこから先は自転車で思うがままに探検したり、迷子になった女性2人組をガイドしてあげ、ガイド本には載っていないような自然の地下プールに案内して遊んだりしていた。

そう、何度も訪れている彼にとってこの渓谷は”庭”のようなものだった。

彼女らと別れたアーロンは、広大な国立公園の真ん中あたりにある目的地のブルー・ジョン・キャニオンとい場所に着いた。

狭い渓谷でキャニオニングを楽しむアーロン。

しかし、その最中に巨大な岩と共に滑落してしまった!

谷底に落ちたアーロンの右手は岩と壁に挟まれて身動きが取れない。

素手ではもちろん、ロープを使って懸命に岩を動かそうとしてもびくともしない。

持っていた万能ツールのナイフでは、岩を切るのも容易ではなさそうだった。

127hours

助けを呼んでも誰もこない。

ペットボトル1本分の水と僅かな食料。

必死に脱出を試みるアーロンは、合間に自身をビデオカメラで撮影していくのだった…。

アーロン・ラルストンは実在する人物。

彼の身に起きた実際の出来事なのだ。

だからこそ、後半に主人公が取る行動には思わず

ウ゛ッ

グランドキャニオンのような場所の、自然が作った奇跡、どこまでも青い空。

とても綺麗な映像だ

実際のラルストン氏もそうなのかもしれないが、演じるフランコのユーモア溢れる表情に救われる1本。

アカデミー賞にノミネートされたのも頷ける演技

この作品は教えてくれる。

何事も諦めてはいけない

|

« これもA型(^ _^;) | トップページ | 意外に♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 127時間:

« これもA型(^ _^;) | トップページ | 意外に♪ »