« 『鮭とほうれん草のクリームパスタ』…でいいのか?(^_^;) | トップページ | すべてをあなたに »

ブラック・スワン

ここまで追い込まないと、極めることはできないのかもしれないね。

Photo

『ブラック・スワン』

主演:ナタリー・ポートマン

監督は『レスラー』のダーレン・アロノフスキー

ニューヨークの一流バレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、バレリーナの夢を挫折した母(バーバラ・ハーシー)の過剰とも言える寵愛を一身に受け、人生の全てをバレエに捧げていた。

バレエ団の次の公演は『白鳥の湖』

監督のトマス(ヴァンサン・カッセル)はベテランプリマのベス(ウィノナ・ライダー)ではなく、若手の中から有望な者から新たなプリマを選ぼうとしていた。

ニナもその最終候補に入っていたものの、清純な【白鳥】と官能的で邪悪な心を持つ【黒鳥】の二人一役を純真な彼女演じるのは無理と考えたトマスは、彼女ではない人間を選ぼうとしていた。

中堅の位置づけであるニナは、どうしても役を勝ち取りたいとトマスの所へ直談判に行くのだが突然、トマスにキスをされる。

思わず彼の唇を噛んでしまうニナ。

しかし、意外に強い面があることを知ったトマスは、彼女をプリマに抜擢することに。

女性らしい喜びや欲望をどんどん吸収して、性的な魅力・情熱を表現できるようになれと命じるトマス。

精神的に追い詰められたニナは、幻覚や妄想に悩まされるようになり…。

アカデミー賞や世界の名だたる賞を総ナメだった本作。

経験者とは言え、小さい頃に習っていた程度だったナタリーが1年間の猛特訓を経て、ほぼ全てのバレエシーンを演じたというからビックリ

その鬼気迫る演技は見ものだ。

どの世界でもいえることなのかもしれないが、苦悩と葛藤を経なければ道を極めることはできないのかもしれないね

あまりスッキリしない、というか渾沌とした、考えさせられる作品である。

|

« 『鮭とほうれん草のクリームパスタ』…でいいのか?(^_^;) | トップページ | すべてをあなたに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

暗くて怖~い作品…っていうイメージがあって、まだ観てないです


苦悩と葛藤を経なければ道を極めることはできない…かぁ


私は自分を追い込むより、


ささっ、こちらへこちらへどうぞどうぞ


と自分をぬるい方へゆるい方へ案内して行っちゃうタイプの人間かも


だからなかなかレベルアップできないんでしょうねー(^_^;)

投稿: ま~しゃん | 2012年2月13日 (月) 20時33分

この映画、観たいんだけど

結構ダークな感じなので、今は・・・

避けてます。

バレエコンクールとかも、観るの好きだし

スワン(漫画)にもハマった時期があったので

絶対観たいんだけどなぁ~


ナタリーがバレエシーンをホントに演じているとは

凄いですね!

投稿: イルゼ | 2012年2月14日 (火) 18時18分

◇ま〜しゃん
いやいや、ゆるーいのも、周りを和ませてくれる大事な存在です
特に店長のは、何もしてなくても周りを「クスクス♪」と笑わせる、素晴らしい効果がありますから
すでに師匠級のレベルですよ

◇イルゼ姉さん
なかなかダークな部分もあり、ブルーリボン賞の司会をした妻夫木クンではありませんが、爽快感がある作品とは言えないですね
観どころはあるので、心に余裕があるときにでも

投稿: 次郎ramos | 2012年2月15日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・スワン:

« 『鮭とほうれん草のクリームパスタ』…でいいのか?(^_^;) | トップページ | すべてをあなたに »