« Thanks | トップページ | まやかし? »

敗者の嘘 - アナザーフェイス2-

敗者の嘘  -<br />
 アナザーフェイス2-

アナザーフェイスの続編。

堂場瞬一『敗者の嘘  -アナザーフェイス2-』

神田・神保町で資産家の老夫婦を襲った強盗放火殺人事件が起き、ATMの防犯ビデオに映っていた顔から、容疑者・渋谷(しぶたに)が割り出された。

任意で事情聴取を受けていた渋谷だったが、警察が用意したホテル(実際に任意の場合、逃げないように用意することもあるらしい)で自殺をした!

警察としては大失態だが、不幸中の幸いで任意だったためマスコミにもしれていない。

しかし、被疑者死亡で送検するつもりでいた所に、「私が老夫婦を殺しました」と名乗る女が現われたのだ

警察、そして犯人しか知りえない殺害現場の様子や殺害方法などを知っている出頭してきた女・篠崎優(しのざきゆう)は、あろうことか現役の若手弁護士だった

彼女の狙いは?

本当に殺したのは誰?

早急に処理したい特捜本部の実質的な指揮官・岩永だったが、刑事部のナンバースリーである特別指導官・福原は、またしても刑事部総務課に属している大友 鉄(おおとも てつ)を現場へ送り込むのだった―。

学生時代に演劇に打ち込み、変装や人心掌握に優れた能力を持つ主人公・大友。

いわゆるイケメンの35歳のこの男、ちょっと鈍い所があって自分がイケメンであることや、周りの女性から熱い視線を浴びている事に気付かない。

その容姿や立ち居振る舞いで女性に限らず、対する人を安心させたり素直にさせる雰囲気=特技も持っていることも…。

そんな、ちょっと刑事ものの刑事らしくない刑事が事件を解決するストーリーなのだが、個人的にはこれまでの堂場作品の中でも1、2を争う面白さだった

ラストにも注目

|

« Thanks | トップページ | まやかし? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敗者の嘘 - アナザーフェイス2-:

« Thanks | トップページ | まやかし? »