« ソルティ・ライチ | トップページ | 頑張れ大祐!! »

波紋 -警視庁失踪課・高城賢吾-

波紋 -警視庁失踪課・高城賢吾-

久しぶりの”高城もの”

堂場瞬一『波紋 -警視庁失踪課・高城賢吾-』

ある事件(詳細は『裂壊』)で、自身が躍起になっていたキャリアアップの道が絶たれた、失踪課三方面分室の室長・阿比留。

彼女はそれが影響しているのか、分室の緩衝材であり、均衡を保つ役割も果たしていた法月の異動を止めようとはしなかった。

分室のナンバー2を、自分には向かないと思いつつ、なんとかやってきた高城にしても亀裂の入った、まとまりに欠けたこの状況は悩みの種だった。

ある日、異動した法月が「置き土産だ」と、5年前に交通事故の現場から突然いなくなった男の資料を高城に渡し、事件の解決を託すのだった。

介護用の歩行アシストシステムを開発している会社の技術者・野崎。
その分野では【天才】と称される男が失踪する原因もなく、探す手がかりも、あまりにも少なかった―。

なんやかんやでまとまりつつあった失踪課が、法月という”一つのパーツ”がなくなってバランスを崩してしまう。

そんな中で託された失踪人の捜索。
いなくなった人間の名前で在籍していた会社に届いた脅迫状、そして爆破事件

先が見えない展開にジリジリ、そしてワクワク

ラストの仲間たちの気持ちにジーン

次作『遮断』が早く読みたくなった

|

« ソルティ・ライチ | トップページ | 頑張れ大祐!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波紋 -警視庁失踪課・高城賢吾-:

« ソルティ・ライチ | トップページ | 頑張れ大祐!! »