« AOONI -インドの青鬼- | トップページ | TIME GOES AROUND »

若冲 琳派と雅の世界

なーんにも、
だーれにも

遊んでもらわなかった俺は独り、

若冲淋派と雅の世界

市立美術館で開催されていた『若冲 琳派と雅の世界』へ。

”若冲”とは伊藤若冲、”琳派”とは本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)・俵屋宗達が創始し尾形光琳らが発展させ、酒井抱一(さかいほういつ)・鈴木其一(すずききいつ)らが江戸に定着させたと言われる豊かな装飾性とデザイン性をもった画風を指す。

絵心も、美術を愛する心もたいして持っていない俺が、何故?

ノルマで苦しんでいた知人を救うために、なけなしの金でチケットを買ったから

でも、作品を鑑賞し始めて、その素晴らしさに圧倒された!

琳派の煌びやかな、そして若冲らの力強い作品に釘付け

俺の目に映ってるのが正しい色味なのかは、ちと疑問だったが…

若冲淋派と雅の世界

中でも、この伊藤若冲の『鶏図押絵貼屏風の内』(屏風に描かれた絵の一つ)の筆だけで描かれた、墨の濃淡で表現された逞しい鶏が気に入ってポストカードを何枚か購入。

さびしかったけど、たのしかったもん!(笑)

|

« AOONI -インドの青鬼- | トップページ | TIME GOES AROUND »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 絵心全然ない私も、力強さを感じる鳥の絵 すごい!!
コレが筆一本で・・・・  

投稿: ポット | 2012年5月 8日 (火) 15時40分

◇ポットさん
 でしょ!!
 思わず息を止めて見てましたもん
 200年以上前のものとは思えない、素晴らしい作品ばかりでした♪
 

投稿: 次郎ramos | 2012年5月11日 (金) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若冲 琳派と雅の世界:

« AOONI -インドの青鬼- | トップページ | TIME GOES AROUND »