« グッタリ…でもイェイ!! | トップページ | おめでとう、つよし!! »

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

Photo


『リトルダンサー』『愛を読むひと』スティーブン・ダルドリー監督作品

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

11歳のオスカー(トマス・ホーン)の父親、トーマス(トム・ハンクス)が逝った。

全米中、いや、世界中の悪夢となった”9.11”アメリカ同時多発テロの、世界貿易センタービルへの飛行機激突で犠牲になったのだ。

最愛の父の死を受け入れられずにいたオスカー。

そんな彼は、父の部屋のクローゼットで見知らぬ鍵を見つける。

何の鍵かわからぬまま、近所の鍵屋に見てもらうと金庫か何かの鍵だという。

そして鍵屋は、鍵の入っていた袋に”BLACK”の文字が書かれているのを見つける。

そこからオスカーの、ニューヨーク中の”ブラックさん”を訪ねて歩く旅が始まる。

父親が彼に遺してくれたであろう、”何か”をさがす旅が―。

大好きな父から学んだ”探求する心”で【旅】を続けるオスカー。

頭はいいのだが元々、人とあまり上手く付き合えない彼。

加えて、父親があの事故で亡くなって以来、飛行機をはじめとする公共の乗り物、そして大勢の人が集まる場所が恐怖に思えている。

それをなんとか克服して(正確には、していないのだが)、何十人もの初対面の”ブラックさん”に

「お父さんを知ってますか?」

と訪ねて歩く姿は、何かに取り憑かれたようでもあるが、とても健気。

(おそらく)父親の遺体のないまま棺を埋葬した母親(サンドラ・ブラック)には反抗する姿を見せながらも、唯一の心の拠り所である、隣のマンションに住む祖母(ゾーイ・キャルドウェル)とは心を通わせるオスカー少年。

そして祖母の部屋に突然、間借りを始めた、言葉を発することができない”貸借人”の老紳士(マックス・フォン・シドー)に何かを感じ、彼が提案してくれたのを機に一緒に旅を続けるのだが、オスカー少年も観ているこちら側も、この老紳士が何者かであるかを薄々気づきはじめ、そこでホロッとくる

そしてラストの母親の告白…。

涙なくしては観られない。

賛否は別れているようだがサンドラ・ブラック、マックス・フォン・シドーのさすがの演技、そして”ありえないほど”素晴らしい、演技初体験のトマス・ホーン君の演技は、観ないとソンである。

|

« グッタリ…でもイェイ!! | トップページ | おめでとう、つよし!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:

« グッタリ…でもイェイ!! | トップページ | おめでとう、つよし!! »