« 七つの証言 刑事・鳴沢 了外伝 | トップページ | 輝く月のように »

コバート・アフェア

スカパーを解約して、海外ドラマにすっかり疎くなった俺が、ちょっとハマり始めているのが…

1


『コバート・アフェア』

6ヶ国語を操るアニー・ウォーカー(パイパー・ペラーボ)はCIAの訓練生。

旅先のスリランカで運命的な出会いをしたベン(イーオン・ベイリー)と恋に落ちたのだが、彼は「話せない事情がある」的な置手紙を残し、何も言わずに去ってしまう。

失意を抱えたまま、CIAの研修プログラムをこなしていた彼女だったが、その語学力を活かして、ある捜査に参加して欲しいと本部から召喚された。

いきなり現場の最前線に駆り出されたアニー。

なんとかミッションを終えた彼女に作戦本部の上司ジョーン(カリ・マチェット)は、このまま本部で仕事をするように命じるのだった。

成績優秀とはいえ、まだ研修の途中だったアニーが現場に配属されたのには何か理由があるようだったが…。

元は優秀な捜査官だったが、捜査中に爆弾で両目を負傷して失明してしまった、けれどあらゆる事に精通しており、目のハンデを感じさせない頼れる同僚・オーギー(クリストファー・ゴーラム)の協力やアドバイスを受けた、アニーの奮闘が始まった…。

Photo


主演のアニーを演じるパイパー・ペラーボ。

映画『コヨーテ・アグリー』で主演。

決して美人とは言えない…と個人的には思えるのだが。

3_2

”キュートでセクシー”との謳い文句。

2

まぁ、好みがあるからね~

とはいえ、シーンや角度でいろんな表情を見せる彼女。

人気が出るのもわかる気はする。

直属の上司・ジョーンを演じるカリ・マチェットは『24』のシーズン6で、爆弾テロで重症を負った大統領に代わり指揮をとる野心家のダニエルズ副大統領の首席補佐官”兼・愛人”リサ・ミラーを演じてた女優さん。

なんか、懐かし~いと思ってたら、途中でジョーンの更に上の上司(ジョーンの夫でもある)アーサー(ピーター・ギャラガー)がアニー達の部署に送り込んだジョイって男は…

『HEROES』でモヒンダー・スレシュを演じたセンデル・ラママーシー

その他にも、俺は知らないが他の海外ドラマでよく見る顔も多いらしい。

CSではシーズン2も始まったらしい、このドラマ。

映画『ボーン・アイデンティティ』シリーズのスタッフが手掛けているだけあって、アクションをはじめとする演出も本格的、ロケもロスに留まらず、海外でも行っているようでホント、映画なみなのだ

スタイリッシュで時にコミカル…やっぱ目が離せない

|

« 七つの証言 刑事・鳴沢 了外伝 | トップページ | 輝く月のように »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コバート・アフェア:

« 七つの証言 刑事・鳴沢 了外伝 | トップページ | 輝く月のように »