« いとしのイリー | トップページ | レッドペッパー »

ホワイトカラー


今、イチオシの海外ドラマ

2

『ホワイトカラー』

…これまた、遅い!と言われそう。

なにせ、1年も前にDVDや地上波で放送されたらしいから

【ホワイトカラー】とは、ここでは【知的犯罪】を指し、FBIには知的犯罪専門チームが存在するらしい。

FBI捜査官のピーター・バーク(ティム・ディケイ(写真左))は難事件の捜査の途中で、ある連絡を受ける。

長年追って、ようやく逮捕した天才詐欺師のニール・キャフリー(マット・ボマー(写真右))が刑務所を脱獄したというのだ。

4ヶ月後には仮釈放になる彼が何故

最もニールを知るピーターは、それがニールの彼女・ケイト(アレクサンドリア・ダダリオ)が原因であると直感し、追跡を始めた。

ほどなくしてニールの居場所を突き止め逮捕。

ニールは再び刑務所に入ることになった。

そのニールがピーターに提案するのだった。

「捜査に協力するから、ここから出して欲しい。」

様々な知識とノウハウ、そしてツテで難なく犯人逮捕に導いたニール。

それは、足首にGPS追跡装置という”足かせ”をつけた元詐欺師のコンサルタントと、FBI捜査官のコンビの誕生だった―。

とにかくスタイリッシュ♪

ただ軽いだけではなく、専門的な知識も散りばめられており、本格的なお話にもなっている

超イケメンの犯罪者がFBIに協力して何をしようとしているのか?

ただいま、シーズン2の最終話に突入しようとしている俺である

|

« いとしのイリー | トップページ | レッドペッパー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトカラー:

« いとしのイリー | トップページ | レッドペッパー »