« 3つの誓い | トップページ | 一人もつ鍋、どうでしょう »

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

『アイアンマン2』をやっとこさ観たら、『アベンジャーズ』に通じる布石のようなものが、あちこちにあったので…(当たり前だけど

Photo

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

主演はこれまたアメコミが原作の『ファンタスティック・フォー』でヒューマン・トーチ役を演じてたクリス・エヴァンス

時は第二次世界大戦の真っ直中。

スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は愛国心の強い青年。

自ら志願して兵士になろうとするが、体が小さい上に喘息などの疾病があり、幾度も不合格となっていた。

ある日、彼は既に軍へ入っていた親友のバッキー(セバスチャン・スタン)と共に未来技術の博覧会へ行った。

そこでも兵士募集が行われていたので、諦めがつかないスティーブはまたもや志願して検査を受けに行く。

そこで出逢ったSSR(戦略科学予備軍)のアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)に、その正義感と真っ直ぐな汚れのない性格を見込まれ、入隊を許可された。

SSRでは極秘裏に『スーパーソルジャー計画』が行われていた。

アースキン博士は自身が開発した”超人血清”の被験者として、スティーブを選んだのだ。

当初は反対していたフィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)も彼のたぐい稀なる正義感と勇気を目にし、了承するのだった。

実験は見事、成功

モヤシのようにヒョロヒョロとしていたスティーブは見事に逞しい、そして人間の持つ潜在能力のMAXの身体能力を備えた超人になっていた…。

第二次世界大戦時にこんな技術が!?

とツッコミいれたくなるのも束の間、どんどんハマっていく♪

なんせ、博士に技術提供したのはアイアンマンのお父さん、スターク氏だしね

たぶん、戦わせればアイアンマンよりも、ハルクよりも弱いだろう。

しかし、そこは”アメリカ国旗”を身に纏ったキャプテン・アメリカ!

アメリカの、正義の象徴として、アベンジャーズのリーダーになっていく…。

早く『アベンジャーズ』も観ないと

|

« 3つの誓い | トップページ | 一人もつ鍋、どうでしょう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー:

« 3つの誓い | トップページ | 一人もつ鍋、どうでしょう »